6月のりんごちゃん🍎
6月16日のりんごちゃんは【救急講座】でした🚑🆘

もし道を歩いていて、目の前に急に倒れた人がいたなら。
もし友人と買い物していて、友人が倒れたなら。
自分の子どもが、家族が、見知らぬ人が急に倒れたなら…どうしますか?

救急車を呼ぶことはすぐにできることでしょう。だけどその後はどうしますか?意識が無いようならなおのこと、救急車が来るまでそのまま待機なんてことはできません(>_<)

意識はあるか
呼吸はあるか
無いならどうしたらいいか

【AED】聞いたこと、見たことがあると思います。今回はそのAEDの使い方や練習を徹底して行いました🙂

りんごちゃんでは年に一度救急講座をひらきますが、なかなかこのような機会はないので年に一度は救急講座に参加することをお勧めします♥️

ちなみに以下に木津川市の公共施設におけるAEDの設置場所が記載されてます☆
⬇︎⬇︎⬇︎
http://www.city.kizugawa.lg.jp/index.cfm/6,40,12,92,html
スポンサーサイト
[ 2017/06/17 15:41 ]

| 活動予定 |
6月のみるくちゃん🍼👶
6月12日のみるくちゃんは【歯の指導】でした😬

スクリーンを使用して歯に関する様々なお話を聞くことができました🙂
例えば
虫歯は生活習慣を正さないと、歯磨きや甘い物を食べないだけじゃ予防にはならないという事や、キシリトールは虫歯を作りにくくする歯にする作用があって子どもだけでなく大人もいけること。
小さな子どもは1日1回は必ず磨く習慣づけをすること。
さらに、虫歯の話だけでなく
食べるときの姿勢や、日本人は黄色人種なのでもとから黄色い葉であることなどたくさんの話が聞けました😊

参加者からは

『私は"子供が泣いてもめげないこと"という言葉が心に刺さりました!』

『虫歯になる歯ベスト3は前歯、奥歯、下前歯らしくベスト3が虫歯にならずして他の歯が悪くなることは滅多にないそうなので、三箇所だけはどんなことがあっても磨こうと思いました💡』

『ポカリや、アクエリアスの糖分が多いから控えようと思ったし、糖分からキレる子どもが増えていると聞いて虫歯の話も勿論勉強になりましたが、砂糖の使い方を考え直すきっかけになりましま』

など様々な感想が聞かれました🎶😃

分かってはいても、忙しくてつい放ったらかしになったり仕上げ磨きを忘れたりしがちになりますが、一生付き合う大事な歯です。それこそ一生付き合えるようきちんと磨き、毎日は無理ですが、時に生活習慣も見直してみることは大切だと改めて感じた1時間でした✨✨✨

…ましま
[ 2017/06/16 20:53 ]

| 活動予定 |
5月のりんごちゃん🍎とろくがつの予定
アップするのがかなりかなりおそくなってしまいました🙇🙇🙇🙇

5月15日金曜日のりんごちゃんは【食育】でした🍴
講師の谷先生のもと
たくさんのメニューに挑戦し
まさかのお腹一杯になりましたっ😅笑

今回のメニューは
☆豆腐とベーコンの春菊ソース
☆旬 いんげんの胡麻和えとピーマンの雑魚和え
☆あっさり素麺トマト風味
☆鶏肉と大根のソテー
☆ネギ味噌の豚ロール巻き
☆豆腐デザート
と、盛りだくさんでした🎶🎶😃

先生がいつも紹介して下さるメニューは
特別な材料や道具はいらなくて
どれも身近にある材料で
え?これでそんなんができるん?!という内容が割と多く、毎回驚きと発見とで勉強になります😊

さてこの【食育】、食べ方や栄養の教育とうけとめられがちですが、それだけではなく、もっと大きな意味を含んでいます♪
それは、食を通して人間として生きる力を育むことです☆
毎日口にする食べ物が、私たちの体をつくり、成長させ、活動源となり、病気に抵抗する力を生み出します。それだけに、「考えて食べる」力が必要なのです♪

以下引用

家庭における食育の重要性

食育は“子ども”のためだけに行うものだと思っていませんが?食べるという行為は、生きるための基本的な営みです。つまり食育も、赤ちゃんからお年寄りまで、すべての人に必要なものなのです。

それでは、なぜ子どものための食育が盛んに行われているのでしょうか。それは、子どもは食の知識が十分ではなく、家庭での見守り・指導が必要であるからです。「食育」は、学校や社会で行う特別なイベントに参加することではありません。誰かのために食事をつくり、ともに味わう、という日々の繰り返しの中で心の絆が生まれ、子どもの心を安定させ、成長していくのです。また、人としてのマナーや文化を身につけ、考える力を育んでいきます。このように、継続的な習慣づけが、何より重要なことなのです。

とまぁ勝手にネットから引用させていただきましたが
子どものために、家族のために、みんなの健康と心の絆のために
食育の意味、大切さを考えさせられた1時間でした☆

なにより
作る側も楽しみながら相手の喜ぶ顔を想像しながら、時に子どもと一緒に作る。
それをみんなで食卓を囲んで美味しく楽しく食べること
それこそが食育なのでしょうね
[ 2017/06/16 01:29 ]

| 活動予定 |
| ホーム |